上七軒歌舞会へのお問い合わせ

上七軒歌舞会

文字サイズ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

グッズ販売
上七軒のお茶屋さん

北野をどり

about Kitano Odori

「北野をどり」は昭和27(1952)年、北野天満宮千五十年大萬燈祭に奉賛し、待望の初演を果たしました。以来、京の春を伝える風物詩として地域に愛され育まれ続けてまいることができました。特に、フィナーレには『上七軒夜曲』が定番となり、黒裾引摺姿に揃えた芸妓と色とりどりの鮮やかな衣裳の舞妓が総出演する演出は定評を頂いております。
This dance performance by Geiko &Maiko at Kamishichiken geisha quarters was first held under the name of “Kitano Odori” in March 1952, in support of Manto-sai(Myriad Lantern Festival) which is held to commemorate the 1050th year anniversary of the Sugawara-no-Michizane’s demise, a high-ranking court noble to whom Kitano Tenman-gu Shrine is dedicated. The program is scheduled for 14 days from March 25 to April 7. Kitano Odori ushers in the Kyoto spring. The Kamishichiken Kaburenjo Theater welcomes you to join the festivities.

Date

平成28年3月25日〜4月7日(14日間)
13時30分 / 16時 全日2回公演
March 25th to April 7th,2016 (14Days)
13:30 / 16:00 (2stages every day)

Admission Fee

お茶席付御観覧券   4,800円
御観覧券(お茶席なし)4,300円

Tickets with Tea ceremony 4,800JPY
Tickets w/o Tea ceremony 4,300JPY
※Tea ceremony strats 1 hour before each show time.Please enjoy it performed by geiko&maiko just only befoew the show stars.If you arrive late,we'll prepare small gift instead.

Program




※詳細はトップページにてご案内いたします



◆第一部 舞踊劇
北野をどりの特徴の一つでもある舞踊劇は、舞踊の要素を土台に台詞を多用し、ストーリー性に富んだ分かりやすい舞台と評価を頂いております。

◆第二部 純舞踊
芸舞妓の素踊りや祝舞に加え、新たなジャンルに挑戦するなど、花柳界ならではの情緒あふれる舞台をお届けいたします。若さ溢れる舞妓、艶やかな中堅の芸妓、そして修練を積んだお姐さん方の円熟した芸をお楽しみ下さい。

◆フィナーレ 上七軒夜曲
利休椿に見染められ ちょっと濃茶の四畳半 わたしゃ早咲き室の梅 ふくささばきは習うても 恋の手管はまだ知らぬ―。北野をどりの中でも人気の「上七軒夜曲」は揃いの黒裾引姿の芸妓と、色とりどりの華やかな衣装の舞妓が全員揃うお楽しみ番組。恒例のフィナーレです。




一覧に戻る

お申し込み書をダウンロード